<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 12/19、東都生協、お豆腐作り、「大豆を育ててお豆腐を作る企画」最終回  | main | あそびじゅつ、多摩美大美術館 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    1/11 ハチラボ、ひらめきワークショップ、 1月「ふしぎなカードを作ろう」

    0
      1月の連休最後の日、

      11時に、世田谷のちびっ子プラネタリウムを観て、

      http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1213/1265/d00007490.html

      バスで渋谷へ移動し、渋谷のハチラボへ行った。

      https://www.city.shibuya.tokyo.jp/edu/bunka/hachirabo.html

      日本のscience museumは行った事ないのだけど、

      小さなscience museumのようなところで、いろいろな科学、物理、幾何の現象を遊びながら体験できるようになっていて、

      とても楽しいところだと思った。

      企画展で太陽(光)エネルギーを使って、竹の楽器を鳴らす装置もあって、

      心地よい音色が広がっていた。

      姉は、すぐに、「コナンの科学」を読みに行ってしまい、

      読書は他のところでも出来るけど、体験は限られた場所でしかできないから

      いろいろと体験してほしかったのだけど、興味の違いなのかな。

      妹は、大量の木のボールを落とす遊具、パズルや、四角い車輪を走らせる遊び、など、一人で黙々とやっていた。




      カード作り、



      「飛び出す絵本のような仕組みを生かし、平面から立体を作り、合同や対称を体験します。」



      姉のみ参加し、工作のようだったので、楽しんでいたよう。

      1年生二人だったので、四角を二つ作っただけだったので、シンプルなデザインだった。

      「家で作ったカードと同じだ。」と言われた。

      (さいたま美術館のワークショップで作ったので、お友達のバースデーカードも作った。

      クリスマスカードも作る予定だったが、まだ出来ていない。今、1月)

      合同や対称をどれだけ、体験できたかは微妙です。

      が、後日、「左右対称」という言葉を理解していて、「何で知っているの?と聞いたら、ひらめきワークショップで教えてもらった。」と言っていた。恐るべし。

      母は、飛び出す蝶々やウサギなどを期待していましたが、もっと大きな子達の参加者のいた後半の回では作っていた。

      また、行きたいな。



      女子をscienceに興味を持たせるprojectはまだまだ続きます。












       
      mommy of two girls * 科学体験 * 18:15 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 18:15 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ